クレジットカード現金化2017!

クレジットカード現金化「用語集」

の話!

クレジット現金化のことならお任せ!

クレジットカード現金化用語集

クレジットカードを便利に現金化するために必要な知識はそれほど必要ありません!なぜなら、クレジットカードを持っていれば誰にでもその権利があるからです。ですが、インターネットが便利になって悪徳業者も簡単に消費者をだますことができるようになってきました。そうなると、あなたの身を守れるのはあなたしかいないのです!

万が一、と言うことにならないためにも、少しだけクレジットカードや消費者金融の知識を手に入れておいて損はありません!

あ行

一般カード
こうしたカードにはステータスはないものの、利用することに関しては他のカードと変わるところはありません。カードが発行されている中で、こうしたカードはまた大量に流通していますが、ステータスアップを目指すために切り替えを行う人は増えていくことでしょう。
延滞
延滞という言葉を聞いたことが人も多いと思います。融資を、約定返済日に返済されない状態が続くことを意味します。遅延損害金というペナルティが課せられてしまいますので注意が必要で、必ず支払わなくてはならない義務があります。
オイルカード
何時もご利用されているガソリンスタンドがあるのならオイルカードのご利用を強くおすすめします。サービスで、お車に乗って、全国何処へお出かけされても、そのカードのガソリンチェーン店をご利用になれば、そのカードでのお得な利用が可能となります。
おまとめローン
おまとめローンというのは複数の業者の借金をひとつの業者に借り換えて、一本化するものをいいます。利点としてはそれまで複数の業者に対して借金の返済を行っていたものが、ひとつの業者にまとめられることになりお金の管理と返済がしやすくなるというものがあります。
オーソリ
オーソリとは、オーソリゼーションの略語で、別名「信用承認」と呼ばれることもあり、買い物などで購入者がカードを使用する場合、クレジット会社に対してそのカードの利用者が信頼できるか確認することと、そのシステムを指します。

か行

カードローン
カードローンはカード会社とローン契約を結び、何年かに渡って、お金を返済していく仕組みです。月々の金額は時に定めることが出来、ある程度まとまった、出せる金額があるならば返済しても構いません。定職があるかどうかなどを問われます。
家族カード
ファミリーカード、家族会員とも呼ばれているもので、本会員と別々に行動しているときでも、クレジットカード利用可能な便利なサービスです。そのため遠く離れて下宿生活を送るお子さんに持たせたり、遠方に住むご両親にこうしたカードを持たせる人も増えています。
過払い請求
利息制限法で定められている利率は15%から20%なのに対し、出資法は29.2%になります。出資法に定められている利率で貸し付けを行っていたために発生した払いすぎた利息分を返還を求める請求です。
完済
いろいろな理由で借りていたお金を支払い終わることを完済と呼びます。借金をすべて解消してしまえば、もう債権者から支払いを月々のローンを家計のやりくりに困らされることもありません。
キャッシング
ローンが、キャッシングサービスです。オートローンも、住宅ローンなども、いざ使いたいと思っても、すぐには利用開始にはなりません。そう考えると、カードなどを使って簡単にできる、キャッシングであれば、もっと気楽に使用することができます。利用は、昔も今も変わりません。
強制執行
公からの催促で、裁判などの手続きをして判決が出れば支払督促や判決書が当該本人に送られ、財産の一部などが際抑えられます。ですが、補填のために財産を差し押さえるという財産がなければならず、無職の相手である場合、執行されないこともあります。
金利
数日から数カ月程度といった短い期間、資金などの貸し借りをする取引機関である場合、それは短期金利になります。長期になってくると、資金の貸し借りは1年以上のものとなり、その利息のことになります。
繰り上げ返済
繰り上げ返済とは住宅ローンなど、金融機関から金銭の借り入れを行っている債務者が、返済に追加で金銭を支払い、ローンの一部を返済して元本を軽減する行為のことです。毎月の定期的な返済額自体は変更せずに支払い金額を増やし、返済期間を短くすることに利用されます。
クレジットカード
クレジットカードは日本国内における生活の中でも、欠かせない存在となってきました。生活必需品は、ネットショッピングで購入することができますし、そこでもカード決済ができます。買物も、カードをかざすだけ、あるいは会計でカードを読み取るだけで、買い物ができます。
クレジットヒストリー・クレヒス
不払いもなく返済が行われていれば履歴であり、延滞や不払いが多ければ悪い履歴です。クレジットカードヒストリはクレジット会社から閲覧することが履歴を有していれば新規のカード発行などに有利に働きます。致命的に履歴が悪化してしまった場合はなります。
クーリング・オフ
クーリング・オフとは訪問販売など一定の取引について、消費者が契約した後に冷静に考え直す時間を一定の期間内であれば、無理由・無条件で契約を解除できる制度です。期間は契約書を受け取った日を含めて8日間(取引によって異なる)。
グレーゾーン金利
グレーゾーン金利とは利息制限法が定める制限利率を超えはする出資法により定められた上限金利には達しない範囲で設定された金利のことです。そのため、出資法が定める上限金利ギリギリのところに利率を設定する貸金業者も少なくなくありません。
源泉徴収票
源泉徴収票とは、給与・退職手当・公的年金等の支払を行った者が「支払した額」「源泉徴収した額」「社会保険料」を所定の書式に記載したものになります。記載は1月1日~12月31日をくくりとし、通常発行されるのは翌1月頃が一般的です。
国民生活センター
国民生活センターは、消費者庁が所管する独立行政法人です。同センターの業務には、消費者からの相談の受付、危害情報の収集と蓄積、および情報提供などが含まれています。一般消費者が消費生活センターに対して行う相談や苦情の通報などの情報が共有されています。

さ行

債権
債権は責務者に一定の行為を要求する内容の権利であり、お金を返さない相手には、返してもらうように、様々な手段をとります。支払いが滞ると、債権回収業者に委託され債権回収を行われることもあります。
在籍確認
在籍確認とはそこに当人が在籍しているのかを確認する作業が行われます。利用者本人に電話を確認を行っていくか、もしくは在籍を確認してどちらかの方法がとられます。その会社に当人が働いているのだということが確認できればいいのです。
債務
債務とは物品などの給付が義務付けられている状況であり、何らかの要因により支払い義務を生じている場合が主に該当します。多重債務と呼ばれており、物理的に完済が不可能である理由から個人での解決が難しく、最悪の場合は自己破産などへ追い込まれてしまう原因となります。
債務不履行
債務不履行とは、民法415条によると、債務者が債務の本旨に従った履行をしないこととなっています。債務が不履行であるというのは、言い換えると約束を果たさないことを意味しています。場合、債務が不履行であると呼ぶことができます。
自己破産
借金を返済するのが無理な場合は、裁判所に自己破産をすれば、今まで溜まってしまった借金をすべて帳消しにすることが出来ます。認めてもらうことが可能というわけではありません。裁判所から「この人には返済は不可能だ」と判定されなくてはいけません。
収入証明書
収入証明書は場合には、確定申告書の控えや、税務署で請求することができる申告所得税の納税証明書でもかまいません。その他に、役所で請求することができる課税証明書や県民税の決定通知書でも構いません。
消費者金融
キャッシングを利用出来るのは、銀行や貸金業者になりますが、貸金業者の一つに消費者向けのローンを貸し出す消費者金融会社が在ります。ホームページなどから申し込みが可能になっており、急にお金が必要になった時なども便利な存在となっているのです。
消滅時効
消滅時効とは、一定の期間の経過により権利が消滅する制度をいいます。理由として、権利よりも永続した事実状態を尊重すべきであることや、経過によって証明が困難になること、保護に値しない、などが挙げられます。
ショッピングローン
ショッピングローンは、ショッピングクレジットとも言われ、それぞれの商品などの取引ごとに契約を結んでいく個品方式のことをいいます。その購入代金を信販会社などが一時的に立て替えをして、信販会社などから購入者に直接請求をしていくというシステムになります。
審査
クレジットカードを申し込む時は、カード会社にカードを作りたいことを申告した後に審査が入ります。 これを通らないとカードを作ることはできません。入会審査の内容は定職に就いているのかなどの支払うことが出来るかどうかの証明です。
信販会社
信販会社とは、消費者信用の内の販売信用を主な事業としている会社の事です。現在では、個人向けカードローンも多くの業者が取り扱っており、銀行とも消費者金融とも異なる魅力を備えています。
信用情報機関
個人信用情報機関では、延滞情報なども把握することが延滞を繰り返している人物には注意を払って審査を進めるており、信用情報を活用することによってしっかりとリスク管理を実現しています。金融機関や個人に対して、正確な情報を提供しています。
スキミング
スキミングは、犯罪行為にあたります。装置がそれがスキマーと呼ばれる専用機器です。信用照会端末、ATMにスキマーを設置することもあります。スキマーを使えば、こういった情報は、簡単に盗み撮られてしまうことになります。

た行

チケット金融
闇金の新しい手口として、最近増加しているのがチケット金融です。 代金を後払いや、クレジットカードで購入させ指定の金券ショップに持ち込み換金をさせるやり方です。

な行

任意整理
任意整理とは借金問題に苦しめられている人達を救済する債務整理。最近はいろいろな媒体を通して声高に叫ばれるようになっているので、夜逃げや自暴自棄になり、人生を棒に振るような結末にいたらなくて済んでいる人も増えているといわれています。
ネガティブリスト
ネガティブリストは、ブラックリストとも呼ばれ、クレジットカードや情報のことです。ブラックリストに記載されている間は新たに借り入れが出来なくなりますが、就職が不利、また、勤務先に調査されることはなく、家族や親族にも迷惑をかけることがありません。
年利
年利とは自分が実際に借りた金額に対して払う金利を一年あたりの割合にして示してある数値と考えて下さい。この数字が低い方が支払う利息は少なくなりますので、詳細を比較していく時にはどれぐらいの数字になっているのか確認しておきましょう。

は行

ハウスカード
ハウスカードはクレジットカードの一つの種類で、カードの発行元である企業のチェーンストアなどカードです。この種類のクレジットカードは、国際ブランドが付いている汎用カードと呼ばれるものとは場所が限られます。
フリーローン
フリーローンは一般的に多目的ローンなどと呼ばれている種類の借り入れ方法で、住宅及び自動車ローンのように借りたお金の使用目的が限定されないという特性を持ちます。基本的に用途は自由とされますが、一部の事業性資金や生活資金の目的としては使えない場合が多い。
ブラックリスト
返済が出来ないのであれば、側は安心してお金を貸す事が出来ません。ブラックリストと言うのは、個人信用情報の中に記録されている金融の中での事故の情報であり、遅延や債務整理を行うなどする事で記録が残されることになります。
ブラック情報
ブラックリストは、審査の大きな部分を左右するものです。 ブラックリストにあるブラック情報は、申込者の過去の金融利用情報を知ることができます。借りたお金を返すのが遅れた過去があるとか、自己破産をした過去まで分かってしまいます。
分割払い
ショッピングやサービス利用をした場合、分割払いを選択することもできます。中には一括払いにしか対応していないので、注意が必要です。買物は一括払いにしておいて、あとから分割にする手配を、自分でするといったやり方があります。
法人カード
法人カードは個人のクレジットカードの会社用と考えれば分かりやすいでしょう。これまでは振り込みなどを利用して支払っていた分もカードに切り替えることで、手数料の節約もできるのでコストの削減にもなります。
ボーナス一括払い
ボーナス一括払いというのは、クレジットカードで決済した分の費用を、夏や冬のボーナス時に一括で支払う方法です。 この方法では、分割払いの分類にならないために、金利手数料はかからないようになっています。都合に合わせて選ぶことができたりして便利なのです。

や行

ヤミ金・闇金融業者
ヤミ金は気軽に融資を受けることが出来るので、軽い気持ちでこのサービスを利用してしまうと高金利に悩まされることになります。借金地獄に陥ってしまい、借金が膨れ上がっていき、最終的には返すことが出来なくなってしまうという怖さがあるのです。
有効期限
クレジットカードなどには有効期限が設けられています。そのため、有効期限切れになったカードは使えなくなってしまいます。一般的にカードの所有者が期限が切れる前に行わなければいけない手続きなどはありませんし、更新する際の手数料なども必要ありません。
融資
融資とは、消費者金融や銀行、クレジットカード会社などの金融機関からお金を借りる事であり、商品としてはキャッシングと呼ばれるカードローンが代表的な存在です。使いみちは自由であり、飲み会やショッピング、旅行、生活費など多様な目的で使用できます。

ら行

利息
融資した金額を上回る返済金のうち、元金と貸している期間に比例する分が利息と呼ばれます。お金を借りると、元金の3%から金額になります。上限は法律で決められているので、金融機関が利益を多く出すために高い利率を設定するようなことはできません。
リボ払い・リボルビング払い
リボ払いとは、1つで、リボルビング払いの略称のことです。返済していく分割払いと違い、返済残高全体に応じて金額を返済していくことで合計残高を減らしていきます。月々の支払いを一定にすることができ、家計が管理しやすいというメリットがですがデメリットもあります。
利用限度額
クレジットカードにおいて、この額までなら使うことが出来ます、というのが利用限度額で、利用可能枠とも呼ばれます。限度額は、同じカードであっても、個人個人金額が異なり、限度額については、申請を行うことで増減も出来ます。
連帯保証人
連帯保証人は債務者が確実に返済を行うことを保証するために設定され、債務者の債務保証を請け負います。メリットよりもデメリットの方が大きいため、債務者と非常に良い友好関係を築いていたとしても、即諾してよい類のものではありません。

おすすめ3業者を徹底評価!

ハッピーリターン

ハッピーリターンは安定した高還元率で、キャンペーンなどは開催していなくとも常に業界で最も高い還元率をキープしています。初めての方でも分かりやすく、どこで換金しようか迷ったらハッピーリターンで間違いないでしょう!

ハッピーリターン

ピュアサポート

ピュアサポートは女性に人気の現金化業者です。人気の秘密は電話での申し込みなら優先順位を繰り上げて処理してもらえるので、対応スピードの速さで言えばピュアサポートが一番!

ピュアサポート

ネクストドア

ネクストドアの評価は非常に高く、企業向け、対企業マニュアルを持っている現金化業者はネクストドアしかありません。コーポレートカードと個人カードの併用も可能なので高額還元率になる場合が多いです。

ネクストドア

公開日:
最終更新日:2015/07/07