クレジットカード現金化2017!

クレジットカード現金化「ブログ」

の話!

クレジット現金化のことならお任せ!

クレジットカードを正しく現金化する方法の情報ブログ開始!

安全にクレジットカードを現金化するためのブログ、始めます!

もしかしたら今、あなたは急いで現金化したくてもどうしてよいか分からない、安心して任せられるクレジットカードの現金化業者をお探しかもしれません。ですが少しだけお時間をください。このちょっとのお時間で、あなたの安全が120%上がるなら、まったく時間の無駄ではないはずです!

クレジットカードの現金化の正しい方法を知れば、きっとあなたにぴったりの現金化業者が見つかります!

クレジットカードの現金化は合法?非合法?正しい現金化の方法を知ろう!

クレジットカードの現金化は合法なのか、はたまた非合法なのか?というお話を耳にしますが、現在正しい情報をお伝えするとすると「合法である業者以外も存在する」という言い方が正しいでしょうか。例えば「ヤミ金・闇金融業者とは何ですか?」でもお伝えしていますが、クレジットカード現金化業者ではなく、違法な金利で現金を貸し付ける金融業もありますし、クレジットカード現金化業者にも違法な業者はいます。

まず一番の問題は「古物商の免許(古物商許可証)を持っているか」という点です。多くの現金化業者は商品を買い取る事を前提に商売をしており、買い取るという行為は古物商の資格を持っていなければなりません。実店舗、無店舗のどちらでも古物を取り扱う場合はこの免許が必要になります。リサイクルショップや古着店などもこの免許がないと営業は出来ません。

ですが、ここにもう一つ問題があり、この古物商の資格は法人・個人問わず取得できてしまうのです。個人の古物商許可証の申請で必要な必要書類が一通りそろえば、取得試験もありませんし、欠格事由に該当しない限り、警察署に申請をすれば取得することが可能です。また法律で禁止されている物を除き、どの種類の商品でも扱えます。

古物商の免許を取得するために必要なもの。

  • 個人許可申請書
  • 住民票(市区町村の役所など)
  • 身分証明書(戸籍課が発行するもの:本籍の戸籍課)
  • 登記されていないことの証明書(法務局)
  • 略歴書
  • 誓約書
  • サイトなどを持っているならURLを届ける書類

ほとんどが誰でも手に入れられる書類で取れてしまいます。つまり、ちょっとビジネスの得意な方ならだれでもこれらのクレジットカード現金化業をはじめる事はたやすいのです。(始めましょう!というお話ではないですよ!)

結局何をお伝えしたいかと言うと、「どんな人間でも」書類さえそろえば業者になれるということは、人を騙す悪い人間でさえなれるという事なのです。巷で見る「車でお金」などの、人に見られているのかどうかも分からない看板(基本的にこの看板を設置するのも違法です)などの業者はこれらに当たり、属性的には闇金業者に近い事も少なくありません。

また、こうした悪質な業者にクレジットカードの情報や個人情報などを提示すると犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもありますので、決して利用しないでください!

クレジットカードを正しく現金化する方法のまとめ!

初めてのブログでちょっと支離滅裂になってしまったかもしれませんが、結局のところ、正しいクレジットカードの現金化の方法は優良なおすすめのクレジットカード現金化業者の選ぶ事に尽きると思います。自分で現金化しようとして、例えばよくある話、新幹線のチケットをクレジットカードで購入して金券ショップやチケット屋に売る行為ですが、これもあなたの普段のクレジットカード利用方法から見て不自然であればすぐに調べられて、カード停止処分にされてしまいます。また、金券ショップにもピンからキリまでありますし、その換金率を見たら「えっ!そんなに安いの!?」と思わず頭を抱えてしまうでしょう。

賢く現金化するなら、今すぐお金がほしいところを焦らず、ちょっと遠回りして、全国対応のネット受付サービスを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめ3業者を徹底評価!

ハッピーリターン

ハッピーリターンは安定した高還元率で、キャンペーンなどは開催していなくとも常に業界で最も高い還元率をキープしています。初めての方でも分かりやすく、どこで換金しようか迷ったらハッピーリターンで間違いないでしょう!

ハッピーリターン

ピュアサポート

ピュアサポートは女性に人気の現金化業者です。人気の秘密は電話での申し込みなら優先順位を繰り上げて処理してもらえるので、対応スピードの速さで言えばピュアサポートが一番!

ピュアサポート

ネクストドア

ネクストドアの評価は非常に高く、企業向け、対企業マニュアルを持っている現金化業者はネクストドアしかありません。コーポレートカードと個人カードの併用も可能なので高額還元率になる場合が多いです。

ネクストドア

 - ブログ